2017年10月19日(木) 10:52 JST

相続した空き家の利活用 賃料収入や非課税売却

記事を友だちにメール印刷用ページ
相続した空き家の利活用 賃料収入や非課税売却 親などから相続した家に住まず、空き家のまま持て余す⼈が全国で増えている。放置していると、固定資産税などの維持コストがかかるばかり。都市部など⽴地が良ければ賃貸に回して家賃収⼊を得られる場合がある。思い⼊れのある家は⼿放しづらいが、非課税枠を使えば売却するのも選択肢になる。あきらめずに空き家を活⽤する⽅法を考えてみよ う。 「現在は空き家となっていても、賃貸に回せば⼗分に採算が取れる⼀⼾建ては意外に多い」。

信州大学 アパート 下宿 マンション

記事を友だちにメール印刷用ページ
信州大学学生用アパート、マンションの賃貸情報を発信しています。トップページからお入りください。
  • コメント (0件)

相続トラブルと介護

記事を友だちにメール印刷用ページ
介護と相続トラブル

 遺産がさほど大きくなくても相続人同士のトラブルが多発するのは、兄弟姉妹など身内の争いに世間の目がないことが一因です。
「納得できない」という感情を抑えられず、罵り合いがちになります。
最近は老親の身の回りの世話や介護をめぐるトラブルが増えています。

亡くなった親と同居していた相続人が親の預貯金を勝手に引き出したと疑われるケースがあります。
 こうした例では確信犯とみられる使い込みがある一方で、介護の費用を親の口座から引き出しているうちにいつの間にか丼勘定になっている場合も目立ちます。
万が一の場合に他の相続人に説明できるように日々の介護の支出を記録して領収書も保管することをお勧めします。
介護の苦労が相続で報われないばかりか、兄弟姉妹がバラバラになってしまっては悔やんでも悔やみきれません。

住宅診断のおすすめ

記事を友だちにメール印刷用ページ
住宅診断のおすすめ
「中古住宅流通の活性化」といっても課題はたくさんあります。


買い主の中古住宅に対する漠然とした不安を解消することも とても重要です。

売りに出ている中古住宅はやはり、外観がきれいなものが売れやすい傾向 にあります。

逆に、⼤きなひび割れがあったりするとそれだけで、とたんに売れなくなります。

しかし、例えば⼤きなひび割れがある場合でも、実質的には⼤きな問題のないケースも あり、中古住宅の劣化具合の症状は、

程度も部位もまさに千差万別です。

⼀般的に購⼊者 には、こうした判断ができにくいため、それを補うべくホームインスペクター(住宅診断 ⼠)など 第三者の専門家が

必要となります。

売り出し開始以来ずっと売れ残っていた、築31年の中古住宅。屋根の ⼀部が壊れており、⼀時的な応急処置を施したままになっていた。

外壁のひび 割れの数も多く、これまで⼀度もメンテナンスをしていなかったであろうことが容易に推 測できる。

こうした外観では、希望者が⾒学に来たとしてもなかなか売りにくかった。

ただ し建物全体の精度には問題がない。⾬漏りや⽔漏れなど⽔にまつわる問題も気になった が、そうした懸念はなさそうでした。

気になるのは基礎コンクリートの中⾝。31年前当時といえば、鉄筋の⼊っていない基 礎、いわゆる「無筋コンクリート」で建てられた

家も多かった。

コンクリートを壊して確 認するわけにはいかないので、鉄筋探査機を使って内部の状態を把握。

住宅診断は、無料がいいとは限らない。

各種の補修費⽤の目安、その他ご依頼者が要望するリ フォーム費⽤概算などをお聞きし、後⽇報告書にまとめ提 出。ほどなく依頼者から

連絡があり、この中古住宅をご購入頂きました。

売り主からの開⽰された情報について、買い主がそれをき ちんと精査できるという ホームインスペクターが重要です。

「不産会社が⾃ら⾏うホームインスペクション」の場合、建物に何か課題が⾒つかっ たとき、その事実を報告しないなど、

その内容がお⼿盛りになるケースが報告されているが、こうした問題はかつて⽶国でも起こり、州によっては不産業者が

インスペクターを 紹介することを禁じています。

不産会社がホームインスペクションを⾏い、その後にリフォームを強く勧めるといっ た営業⼿法も横⾏しています。

無料で⾏うホームインスペクションの場合、その後に耐震補 強⼯事を勧められるといったケースも報告されているので注意しましょう。

松本住まいの情報センターでは、信頼できるインスペクターをご紹介させて頂いております。

また中古住宅には「瑕疵(かし)保険」といった制度が設けられていますが、保険という のはあくまで万⼀のための備えにすぎず、

保険がついているから建物が⻑持ちするわけで はないことに留意頂きたい。

借地の空き家問題

記事を友だちにメール印刷用ページ
50年以上前に土地を借り、家を建てて住んでおられました。その方が2年前に亡くなり、それから空き家となっています。
もともと古い建物で、2年間放置され、危険な状態です。地主としてもご近所の迷惑となっている。

地主を悩ます「借地の空き家問題」

記事を友だちにメール印刷用ページ
50年以上前に土地を借り、家を建てて住んでおられました。その方が2年前に亡くなり、それから空き家となっています。
もともと古い建物で、2年間放置され、危険な状態です。地主としてもご近所の迷惑となっている。

あなたのお家いくらで売れるか?

記事を友だちにメール印刷用ページ

あなたのお家いくらで売れるか?

土地・建物や土地がいくら位いで処分できるか。

売却時の税金はいくら位い。

売却時に必要な費用は。----------------

色々な角度からの考え方で、売却無料査定をいたしております。

次のページからご連絡ください。(個人情報は厳守いたします。)

http://www.2103joho.com/staticpages/index.php/uritai