2017年10月19日(木) 10:48 JST

相続した空き家の利活用 賃料収入や非課税売却

記事を友だちにメール印刷用ページ
相続した空き家の利活用 賃料収入や非課税売却 親などから相続した家に住まず、空き家のまま持て余す⼈が全国で増えている。放置していると、固定資産税などの維持コストがかかるばかり。都市部など⽴地が良ければ賃貸に回して家賃収⼊を得られる場合がある。思い⼊れのある家は⼿放しづらいが、非課税枠を使えば売却するのも選択肢になる。あきらめずに空き家を活⽤する⽅法を考えてみよ う。 「現在は空き家となっていても、賃貸に回せば⼗分に採算が取れる⼀⼾建ては意外に多い」。

相続トラブルと介護

記事を友だちにメール印刷用ページ
介護と相続トラブル

 遺産がさほど大きくなくても相続人同士のトラブルが多発するのは、兄弟姉妹など身内の争いに世間の目がないことが一因です。
「納得できない」という感情を抑えられず、罵り合いがちになります。
最近は老親の身の回りの世話や介護をめぐるトラブルが増えています。

亡くなった親と同居していた相続人が親の預貯金を勝手に引き出したと疑われるケースがあります。
 こうした例では確信犯とみられる使い込みがある一方で、介護の費用を親の口座から引き出しているうちにいつの間にか丼勘定になっている場合も目立ちます。
万が一の場合に他の相続人に説明できるように日々の介護の支出を記録して領収書も保管することをお勧めします。
介護の苦労が相続で報われないばかりか、兄弟姉妹がバラバラになってしまっては悔やんでも悔やみきれません。

借地の空き家問題

記事を友だちにメール印刷用ページ
50年以上前に土地を借り、家を建てて住んでおられました。その方が2年前に亡くなり、それから空き家となっています。
もともと古い建物で、2年間放置され、危険な状態です。地主としてもご近所の迷惑となっている。

地主を悩ます「借地の空き家問題」

記事を友だちにメール印刷用ページ
50年以上前に土地を借り、家を建てて住んでおられました。その方が2年前に亡くなり、それから空き家となっています。
もともと古い建物で、2年間放置され、危険な状態です。地主としてもご近所の迷惑となっている。

あなたのお家いくらで売れるか?

記事を友だちにメール印刷用ページ

あなたのお家いくらで売れるか?

土地・建物や土地がいくら位いで処分できるか。

売却時の税金はいくら位い。

売却時に必要な費用は。----------------

色々な角度からの考え方で、売却無料査定をいたしております。

次のページからご連絡ください。(個人情報は厳守いたします。)

http://www.2103joho.com/staticpages/index.php/uritai

不動産の売買、賃貸と仲介料

記事を友だちにメール印刷用ページ

不動産取引における仲介手数料って?

 

仲介手数料とは、不動産会社(宅地建物取引業者〈宅建業者〉)を通して不動産を売ったり買ったり、あるいは貸したり借りたりする場合に、不動産会社に成功報酬として支払うお金のことです。媒介手数料(媒介報酬)とも言います。

 

あくまで成功報酬として支払うもので、売買や貸借の依頼をしても取引が成立しなければ支払う必要はありません

 

また、不動産の取引契約が有効に成立しなければ媒介が成立したと言えないので、契約が無効・取消しとなったときも、宅建業者は報酬を請求することはできません

 

このように、宅建業法(宅地建物取引業法)では、成功報酬主義が取られています。

宅建業者(宅地建物取引業の免許をもつ者)以外が、仲介手数料を請求することは違法です。

仲介手数料はいくら?

仲介手数料は、上限が宅建業法で定められています(宅地建物取引業法 第46条)
ですから、それを超えない範囲内で不動産会社が自由に決められます。

 

一般的に不動産会社は、上限いっぱいに設定しています。しかし本来は、法律の定める限度額内で、話し合いで決めるものなのです。

 

売買の場合

売買する不動産の価額を次の3つの金額に区分して、それぞれに所定の割合を乗じて得た金額を合計した金額が上限となります。

 

売買代金

(消費税を含まない)

媒介報酬(仲介手数料)

(消費税を含む)

200万円以下の金額

5.4%以内の額

= 5%+消費税

200万円を超え400万円以下の金額

4.32%以内の額

= 4%+消費税

400万円を超える金額

3.24%以内の額

= 3%+消費税

(※ 2014年4月1日施行)

〔注意〕

  1. 不動産の表示価格は総額表示(税込価格)です。仲介手数料は、物件の税抜価格をもとに計算します。
  2. この報酬金額は依頼主の一方(売主または買主)から得られる額です。依頼主が売主・買主の2者の場合、双方から媒介報酬を受け取ることができるので、報酬額はこの金額の2倍になります。

 さらに詳しくは、宅建業法にもとづく仲介手数料の計算方法のページをご覧ください。

 

貸借の場合

依頼者(貸主・借主)の双方から得られる報酬額の合計金額は、借賃(消費税を含まない)の1月分の1.08倍に相当する金額以内(1カ月分の賃料+消費税)で、依頼者の一方から受けることのできる報酬の額は、依頼者の承諾を得ている場合を除き、賃料の1月分の0.54倍に相当する金額以内と定められています。

(※ 2014年4月1日施行)

 

このように、賃貸契約の場合、本来は、貸主と借主が家賃1カ月分相当額を折半して消費税をプラスした金額を仲介手数料として支払うことになっているのですが、実際は、借りる側が全額支払う契約になっている場合がほとんどです。

 

マンションなど賃貸契約のときに不動産会社が示す書類をよくご覧になってみてください。おそらく重要事項説明書に、「契約成立時には、媒介報酬額○○円(消費税込み)を支払うことを承諾しました」という一文が入っていると思います。「依頼者の承諾を得ている」という形をとっているわけです。

仲介手数料の支払い時期

賃貸契約の場合は、一般的には、契約時に仲介手数料を支払います。

 

売買契約の場合は、契約締結時に約定報酬額の50~100%相当額、決済・引き渡し時に残りの0~50%相当額を支払うように、媒介契約で定めるのが一般的です。

行政庁は、業者に対して、売買契約時に半金、決済時に半金を受領するよう指導しています。

< RETIO(一般財団 不動産適正取引推進機構) 『不動産売買の手引』 参照 >